自分が欲しい世界の作り方その2・噂の「うんクエスト」の世界観のメガネで自分を視る

自分が欲しい世界の作り方その2・噂の「うんクエスト」の世界観のメガネで自分を視る

第2章  賢者「ベンデルゆか」の教え① この世界の仕組み1

「おっと、もしかして、パニック村に来ちゃったかな?」

最近は、前よりも落ち着いて、冒険をしている気がする、未来子・Eです。

到着場所の確認をして、近寄ってくるモンスターを見ながら、まずは自分がどんなものを持ってきているのか確認。
餌になりそうなものはしっかり口を閉じ、武器を握りなおし、深呼吸。

昔は、魔界の村に到着したことに動揺してしまい、自分がモンスターを引き寄せる「ネガティブ弾」を自分がばら撒いていることに気が付かない。
餌をばら撒いているから、モンスターがわらわら集まってくるんだけど、もちろんそれにパニクリ、そして怖いあまり、武器を振り回す。
自分もだけど、モンスターも急に攻撃されるからパニックになる。
いろんなパニックの相乗効果が日常茶飯事だったことを考えると、ワープしても、ずいぶん動きやすいエネルギーで、冒険ができるようになったな〜?と自画自賛の私w

でも、まだまだ課題はあるし、パニック村から早く、クリエーション村に戻って、良いエネルギー出さなきゃ!

そんな風に思考が、つい巡ってしまって、自分自身に苦笑w
実は、魔界村から出る方法は、色々ある。
この間会った賢者さんに、最も効果的な方法を教わったのだけど、これが簡単そうで難しい。
簡単にいうと、

「出さなきゃ、やらなきゃ!」

だとなかなか出れないw

「うふふふ♡やりたいな♪」

と、いうエネルギーが鍵なんだそーな💦

「自分をまずは「ホッとさせる」。「良い子、良い子」するんだよ」
そんな大切なことを教えてくれた、賢者のお話をしていきたいと思う。

賢者との出会いは、本当に偶然。
でも、天地がひっくり返るような衝撃を受けた、忘れられない出会いだった。

突然、笑顔で話しかけてくれたのが、賢者の「ベンデルゆか」。

あの当時、しょっちゅう魔界の村に、気がつくとワープしていたため、「世界は怖い」と常にどこか緊張気味。
常に、鎧や兜を着込んで、怪しさ満点の私だったのに、声をかけるって、今思ってもすごいことだと思うw

頑張らなくては、クリエイション村になかなか辿り着けないし(と思い込んでいた)、
たどり着いたら、ホッとするどころか、いつ、冒険の旅に出てしまうのか、不安でしょうがない。
でも平気なふりをしないと怖いw
せっかく、クリエイション村に辿り着いたのに、そんな気持ちでぐるぐるしていた私に

「ねえ、自分がクリエイション村の住人だって気がついてる??」

天使のような微笑みで、言ってきたのが、賢者「ベンデルゆか」でした。

言われた時、「鳩が豆鉄砲を食ったよう」という言葉がぴったりの表情をしていたと思う。

コノヒト、ナニイッテイルノカナ?
クリエイションムラハ、タマニシカ、イケナイバショデスヨ?

明らかに理解していない私の顔を見て、この世界の仕組みをやさしく教えてくれた。

私未来子・Eがいるこの世界は、エネルギーの法則に支配されている。
本体・未来子の行動エネルギーを生み出す場。

クリエイション村は、エネルギーを生み出す私たちの、ホームタウン。

エネルギーの生み出し方は

「ホッとしてリラックスすると、本体のエネルギーを生み出す感情にスイッチが入り、最高のエネルギーができる」

以上。

…コトバハ、ワカル。イッテイル、イミモ、ワカル。ソウカモ、シレナイ。

今までの自分の常識とかけ離れている言葉なのに、なぜかスッと入ってくる言葉。
でも、現状の私には、そうかもしれないけれど、できない。
出来ない私がダメなの?

そんな思考がぐるぐる回り始めた時

「わわわわわ!ストップ!落ち着いて!もう1つのルールが、それなの!!」

すでに目の前は、馴染みのある暗闇へと変わっていくのを感じる。

「と、とにかく、ホッとが大事だから!自分をいい子、いい子して、ホッとさせて〜!」

だんだん小さくなる声。

「ホッとするって、いい子してってなによ??」

馴染みのどんよりした空気の村に到着して、思わずつぶやく。
反感を感じている気持ちを、盛り上げようとしてみるけど、いつもみたいにならない。
頑張らないと戻れないのに、とぼんやり思いつつ

「今まで逆張りしていた疑惑」

がほんのり浮かびつつ、いつになく、力が抜けたクエストスタート。

「ホッとする」「自分を、良い子良い子する」

その言葉がなぜか頭から離れない。
そして、気がつけば、クリエイション村へ戻っていた私でした。

今度は、必然!とばかり、再びに賢者「ベンデルゆか」に会い、ずっと、謎だった「なぜ、魔界への旅に出てしまうのか」の仕組みを知ることになります。

そして、レベルの高くなった、新たな冒険の旅へと進むことになるのでした♡

その話は、第2章  賢者「ベンデルゆか」の教え① この世界の仕組み2 でお話しします♪

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。